日本には数多くの心理学に関する資格が存在します。心理士や心理カウンセラー、心理セラピストなどの資格がありますが、どれも国家資格ではありません。民間資格ばかりですから難易度はばらばらです。心理学は高度な学問ですから、高度な専門養成課程を設けて、心理職の専門家を養成して、国家資格を創設する動きもあるようです。心理学は国家資格はありませんが公的資格は存在します。臨床心理士や学校心理士などが知られているでしょう。資格を取得するためには学歴制限がある場合があります。臨床心理士の資格を取得するためには、臨床心理学系の修士号を取得している者、もしくは医師免許を取得している者が対象になります。また、臨床実務訓練が必須となっている資格もあります。心理学は人間の心理を扱う学問ですから専門知識だけ持っていても実務経験が無ければ働けません。臨床実務訓練を受けて実際に人と人の関係を体験して心理学を学んでいった方が良いのです。人によって考え方も違いますから、いろいろな人を見ていった方が役に立つでしょう。心理の名前がつく資格を調べてみると、とても多くの資格が存在します。ひきこもり支援相談士や不登校訪問専門員も資格として存在します。音楽療法というのも学会認定の民間資格にあります。心理にまつわる仕事といってもさまざまありますので、漠然とカウンセラーになりたいと考えている人は、まず自分の興味を細分化して分析し、どんな資格や仕事が自分に合っているのか考えるべきでしょう。